トップ

足が熱いのに冷え性

足の裏が熱い原因は冷え性かも

実は隠れ冷え性の可能性がある

子供が眠くなると体温が高くなるように、大人も就寝時間が近づくと手足が温かくなってきます。
これは、入眠の準備が正常に行われているということになります。
ですが、温かいのを通り越して手足がほてる、就寝前に足の裏が熱くなって眠れないという人も多いようです。
じつはこのような症状がみられる人のほとんどが、隠れ冷え性である可能性があります。

人間の血液は、ポンプの役割を担う心臓から送り出されて手足をめぐってから再び心臓へと戻っていきますが、心臓から遠く下の位置にある足先はとくに血液の流れが悪くなりがちです。
血液の流れが悪くなると、どうしても冷え性になってしまいます。


冷え性のお悩み解決サイトでおすすめサイトはこちら


冷え性=手足が冷たいという認識が強いため、足の裏が熱い人は自分が冷え性であることになかなか気付きにくいものです。
ですが、人間の体は冷え性が進行すると逆に熱を出すというメカニズムがあるのです。

私たちの体には「恒常性(こうじょうせい)」といわれる、体温を一定に保とうとする機能が備わっています。
そのため、気温が上がると体温を下げようと働き、気温が下がると体温を上げようとします。
足先の血流が悪くなって冷え性がひどくなると、この機能の働きによって足から熱を出すようになるのです。
このように、足がほてる・足の裏が熱いという症状は、人間がもともともっている身体機能が冷え性による手足の冷えから体を守ろうとしているのです。

就寝前の体温は上昇するとお話ししましたが、体温が高いままではなかなか寝つけません。
そのため、熱をもった血液を手足にめぐらせることで、皮膚の表面から余分な熱を体の外に放出しています。
このようにして就寝前の手足に流れる血液が熱くなるのですが、冷え性で血液の循環が悪くなると、熱い血液が足に長時間滞留するので足の裏が熱くなってしまうのです。

Copyright © 足の裏が熱い原因は冷え性かも. All rights reserved.